グラフィックデザインについて

グラフィックデザインについて

HOME グラフィックデザイン究極のリファレンス デジハリデザインスクールズシリーズ 魅せる、彩る、華やぐ技! 運営者 ブログ



グラフィックデザインとは、文字、画像、配色などを使って、何らかの情報・メッセージを伝達するために制作されたデザインのことです。

芸術家とグラフィックデザイナーの違いは「芸術家は、自分の伝えたいことを伝える」「グラフィックデザイナーは、クライアント(依頼主)の伝えたいことを伝える手伝いをする」という点だといえます。
主役が自分であるのが芸術、主役がクライアント(依頼主)であるのがグラフィックデザインと言えるでしょう。

グラフィックデザインで生計を立てる、独立して自分の腕だけで仕事をする、ということに憧れる人は多いです。
ただ、グラフィックデザインの仕事は「他の人とのコミュニケーション能力」が必要となります。

「自分を通す」のではなく、クライアントの考え・伝えたいことを理解し、それを表現するためのデザインを制作しなければならないのです。
また、仕事を取るためには営業活動も必要で「自分の存在を知ってもらい、信頼してもらう」ことが大事になります。

グラフィックデザイン以外の面も含めて「信用できる人」と思ってもらえないと、仕事は取れません。
こう考えると、グラフィックデザインは「好き」だけで続けられる仕事ではない、ということがわかりますね。

グラフィックデザインは、独学で学ぶこともできますが、スクールなどで批判・指導を受けながら学ぶことにも、価値はあります。
学生時代から批判を受け、より高みを目指そうとする習慣をつけておけば、その忍耐力・根性は、仕事の面でも役に立ちます。

独学でグラフィックデザインを学ぶと「叩かれる、批判される」という機会が少なくなりますので、仕事についてからの覚悟が必要となります。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

ティッシュペーパーの節約
ティッシュ 半分(ハーフサイズ)

節約に関する実際の方法などを発信しています
節約生活